iPadでPython開発!手軽にiPadでプログラミングする方法

プログラミング

iPad便利ですよね。私も毎日のように使っています。

今日はそのiPadを使って、ややこしい設定不要で、Python開発環境を用意してプログラミングする方法をご紹介します。

さらに、iPadでプログラミングするときに気をつけたい問題も取り上げます。

iPadで手軽にPythonを使う方法

iPadでPythonを使う方法は色々あるのですが、結論から言いますと、Pythonista 3というiOSアプリを使用します。(App Storeで「Pythonista 3」と検索するとヒットします。)

以上です。と言うと何とも味気ないですが、実際に私が今まで試した中では、これが最もお手軽でした。

(余談ですが、私はその昔iPadで本格的な開発を実現したいと考え、自分でサーバーを立てて環境を構築、SSHで接続して開発環境として利用していた時期があります…。)

Pythonista 3は有料のアプリではありますが、UIがしっかりしていて、使い勝手が良いです。

こんな感じでプログラミングできます。(左がソースコード、右が出力です)

Pythonの標準ライブラリに加えてnumpyやmatplotlibなどが利用できるので、凝った開発をするのでなければ十分使えます。

人工知能でお馴染みのディープラーニングのベストセラーのこちらの本も、基本的にはnumpyしか使わないので、Pythonista 3で実装できますね。

本書は「ディープラーニング」についての本です。ディープラーニングを理解するために必要な知識を、初歩的なことから一つひとつ積み重ねながら説明していきます。ディープラーニングとは何なのか、どういう特徴があるのか、どういう原理で動作しているのか、といったことをできるだけやさしい言葉で説明します。




ただしBluetoothキーボードはあった方がいい…。

ところでPythonista 3を使うにせよ、iPadでプログラミングをするなら、外付けのBluetoothキーボードは用意したいものです。

iPad本体の画面上のキーボードで入力する場合、下のスクリーンショットのように画面の1/3をキーボードに占領されてしまいます

画面の1/3を覆うキーボード

ただでさえ小さい作業画面が、更に小さくなって見づらくなってますね…。

外付けキーボードは、iPad専用の小型のものだと持ち運びやすいものの、やはり打ちづらいので、プログラミングをするならフルサイズがおすすめです。

Apple純正のMagic Keyboard(テンキーなし)モデルは、入力しやすく、持ち運びもしやすいので便利ですね。

Magic Keyboardは美しく生まれ変わったデザインに、充電式の内蔵バッテリーと強化されたキーの機能を組み込みました。それぞれのキーの下にある改良されたシザー構造により、キーの安定性が向上しています。そのうえ、キーの運びが最適化され、より低いフォルムになったため、極めて快適で正確なタイピングを行えます。

個人的には、現在以下のBluetoothキーボードを愛用しています。

◆FILCO新コンパクト! 親指ダブルFnキーボードの無線バージョン、Bluetooth 3.0採用◆3台までのPC・デバイスとマルチペアリング可能◆DIPスイッチを搭載し、キーボードの変更・無効化が可能

キーボードのホームポジションから矢印キーが使えて、iPadの画面に触らずカーソル操作ができるのでとても気に入っています。重いのでもっぱら自宅用ですが…。

 


さて、本記事ではiPadでPythonを手軽に開発・実行するための方法をご紹介しました。ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。

別の記事では、エンジニア視点で見た、Pythonの効率的な学び方について紹介しています。私たちが今Pythonを学ぶべき理由なども、客観的なデータと共に紹介していますので、よければご参考にして頂ければ幸いです。

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門!応用では、データ解析、データーベース、ネットワーク、暗号化、並列化、テスト、インフラ自動化、キューイングシステム、非同期処理など盛り沢山の内容です!

コメント